11年ぶり赤字のモス

「モスバーガー」を運営する、
モスフードサービスの客離れが深刻になっているそうです。

9日に2018年4~9月期決算を発表するが、
今期は既に業績を下方修正し、
11年ぶりの最終赤字に転落することを発表済みとのことです。

フランチャイズチェーン加盟店オーナーの高齢化で店舗改装などが遅れ、
集客力の低下が止まらないそうで、
フランチャイズチェーン展開する企業では、
居酒屋チェーンで身売りの動きがあり、
コンビニエンスストア大手もオーナー確保に苦戦しているそうです。

モスバーガー。

おいしいんですけどね。

ずっと行っていないですね。

ポテトはマクドナルド派ですが、
ハンバーガーは、
モスのロースカツバーガーが好きです。

米中で技術覇権争い

日米の政府関係者や有識者らが国際問題を話し合う「富士山会合」が27日、
都内で開かれ、米中貿易戦争について議論したそうです。

ロバート・ホーマッツ元米国務次官は、

「貿易や関税だけの紛争ではない。先進技術の分野で今後10~20年間にわたり、米中どちらが支配力を持てるかの争いだ」

と指摘したとのことです。

さらに、ホーマッツ氏は、

「米の中核的利益は技術優位を失わないことだ」として「量子計算や自動運転などの技術は国家安全保障に重要だ」

とも指摘したそうです。

竹中平蔵・東洋大教授は、

「ビッグデータを集めるうえで、中国の国家資本主義は強烈な競争力がある」

と述べたそうです。

ミレヤ・ソリス米ブルッキングス研究所東アジア研究センター長は、

「貿易戦争には勝者がいない」

と強調し、

「米国での物価上昇などで国内総生産(GDP)が1%下がると、中国も1.5%下がる。日本経済にも打撃だ」

と発言したそうです。

先進技術の支配力ですか。

昔は、中国製品というと、
粗悪的なものが多かったのですが、
今は技術が上がってきているんですかね。

アメリカは世界一の技術大国なので、
中国に技術で負けるとは思いませんが、
貿易摩擦の影響が、
日本にもあるとのことで、
少し心配ですね。

フェイスブック行政指導

米フェイスブックによる「いいね」ボタンを使ったデータ収集や、
ハッキング被害による個人情報流出問題で、
日本政府の個人情報保護委員会は22日、
同社に利用者への説明や再発防止などを求める行政指導をしたと発表したそうです

米IT大手のデータ管理を巡っては欧州当局が規制を強めてきたが、
日本政府の厳しい姿勢も目立ち始めているとのことです。

フェイスブック。

個人情報が流出と、
話題になっていますが、
利用していないので、
安心です。

ネットに個人情報を載せるのは、
怖いですよね。

顔写真とか載せている一般人の人の気持ちがわかりません。

ねんきん定期便

公的年金の被保険者に、
「ねんきん定期便」が年1回届くようになって今年で10年目とのことです。

保険料の納付実績や将来の年金給付を伝える情報源として定着したようだが、中身を見て驚いたり首をかしげたりする人は依然多いそうです。

年金。

なんか、将来、もらえるとかもらえないとか。

受給年齢も70歳になるとか言っていますね。

最近の70歳は元気だとは思うのですが、
基本、60過ぎたら、
体にガタが来るそうです。

若い人も高齢者も大変ですよね。

誰がこんな日本にしたんでしょうね。

マックスバリュ西日本 中四国のスーパー統合

マックスバリュ西日本は、
マルナカと山陽マルナカを経営統合すると発表したそうです。

3社の親会社であるイオンによる食品スーパー事業再編の一環で、
2022年2月期中にマックスバリュ西日本が2社を吸収合併するとのことです。

これによりマックスバリュ西日本は、
中四国・兵庫西部地域で約400店を擁する規模となり、
地域流通の地盤を固めるそうです。

マックスバリュ。

昔住んでいたアパートの近くにあったので、
よく行きましたが、
24時間営業で便利でしたね。

今も24時間営業かはわかりませんが、
納豆とかが安くておいしかったのを覚えています。

あと、インスタントの味噌汁や、
100円のレトルトカレーで生活していて、
屋台十八番の生麺の味噌味がごちそうで…。

かなりの貧乏生活。

節約生活をしていましたね。

今も節約生活をしていますが、
豪華な生活もしたことがあるので、
特に不満はありません。

お金は、大事ですが、
お金が全てじゃないんだなって思いました。

消える中古スマホ

料金の高さが批判されるスマートフォン市場で、
中古品流通に注目が集まっているそうです。

中古スマホをうまく使えば負担は半分に減るが、
日本で流通するのは新品のわずか5%で世界の半分の水準とのことです。

メルカリ人気などで新品信仰が薄れるなか、
政府は負担軽減へ中古品流通を促すが、
普及を阻む壁は高いようです。

中古スマホですか。

ガラケー使っていますが、
決済機能とか、
最近、出てきているので、
スマホに変えようかなとも思い始めました。

でも、スマホって、
機種が高いようですね。

しばらくはガラケーで、
余裕ができてからスマホにしたいなと考えています。

タニタ

健康機器大手のタニタは、
子育て中の社員らが1日の労働時間を最大2時間短くできる、
「短時間勤務制度」を利用しやすくするそうです。

従来は1時間単位でしか取得できなかったが、
30分単位での利用を可能にしたとのことです。

「タニタ食堂」の展開など健康経営で知られる同社だが、
勤務制度もより柔軟にすることで社員が働きやすい会社を目指すそうです。

タニタ。

最近は、あまり耳にしませんが、
一時、話題になっていましたよね。

タニタ食堂が。

なんか、タニタ食堂が作ったっていう、
飴を売っているのも見ましたが、
結局のところ、
何が良かったのかよくわからなかったです。

働き改革とのことですが、
最近、そういう会社多いですね。

まあ、儲かっているから、
できることなんでしょうけど。

零細企業は、
貧乏暇なしですね。

ホンダとGM、自動運転で提携

ホンダと米ゼネラル・モーターズは、
自動運転技術で提携すると発表したそうです。

自動運転分野のGM子会社にホンダが7億5千万ドルを出資し、
次世代技術を共同開発するそうです。

自動運転を巡ってはIT大手などと、
業種の垣根を越えた開発競争が激しくなっているそうです。

ホンダとGMは自動運転で世界最大の連合を作り、
次世代技術の世界標準を握りたいとのことです。

提携ですか。

自動運転技術は、
確か、グーグルが始めたような気がしますが、
色々な企業が続々と参入していますね。

EVの話題が一時盛り上がっていましたが、
そちらの話題は最近目にしないような気がします。

同時進行で進んでいるのでしょうか。

自動運転で走る電気自動車。

これからは、当たり前になっていくんですかね。

ただ、事故などは大丈夫なのか、
心配です。

首相「ポスト安倍」意識の布陣に

安倍晋三首相は、
内閣改造・党役員人事で、
「ポスト安倍」を意識した布陣にしたそうです。

岸田文雄政調会長を再任し、
茂木敏充経済財政・再生相や河野太郎外相も留任させたとのことです。

側近の加藤勝信氏は総務会長に抜てきし、
総裁選で善戦した石破茂元幹事長が、
「ポスト安倍」の最有力とみなされるのを防ぐ狙いもあるとのことです。

安倍総理、
森友学園問題をはぐらかして、
信用できないです。

でも、結局、
頼りになりそうな野党がいないので、
自民党なんですね。

アメリカのトランプ大統領も、
ロシア疑惑などで、
問題ですが、
日本も滅茶苦茶ですね。

NY株、最高値更新

米国株式市場でダウ工業株30種平均は9月21日以来、
7営業日ぶりに史上最高値を更新したそうです。

9月末に北米自由貿易協定の再交渉がまとまり、
貿易摩擦への懸念が後退したそうで、
関税や輸入制限の影響を受けやすい、
建機メーカーなど資本財株が買い戻されたとのことです。

一方、ハイテク株の構成比率が高い、
ナスダック総合株価指数は続落するなど、
市場全体では下落銘柄のほうが目立ったようです。

アメリカの株が最高値を更新ですか。

貿易摩擦への懸念が後退との理由で、
株価が上昇したんですね。

なるほど。

株はやらないですか、
今回の株価の上昇で、
儲けた人とか、
いるんですかね。

気になりますね。