タニタ

健康機器大手のタニタは、
子育て中の社員らが1日の労働時間を最大2時間短くできる、
「短時間勤務制度」を利用しやすくするそうです。

従来は1時間単位でしか取得できなかったが、
30分単位での利用を可能にしたとのことです。

「タニタ食堂」の展開など健康経営で知られる同社だが、
勤務制度もより柔軟にすることで社員が働きやすい会社を目指すそうです。

タニタ。

最近は、あまり耳にしませんが、
一時、話題になっていましたよね。

タニタ食堂が。

なんか、タニタ食堂が作ったっていう、
飴を売っているのも見ましたが、
結局のところ、
何が良かったのかよくわからなかったです。

働き改革とのことですが、
最近、そういう会社多いですね。

まあ、儲かっているから、
できることなんでしょうけど。

零細企業は、
貧乏暇なしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です