首相「ポスト安倍」意識の布陣に

安倍晋三首相は、
内閣改造・党役員人事で、
「ポスト安倍」を意識した布陣にしたそうです。

岸田文雄政調会長を再任し、
茂木敏充経済財政・再生相や河野太郎外相も留任させたとのことです。

側近の加藤勝信氏は総務会長に抜てきし、
総裁選で善戦した石破茂元幹事長が、
「ポスト安倍」の最有力とみなされるのを防ぐ狙いもあるとのことです。

安倍総理、
森友学園問題をはぐらかして、
信用できないです。

でも、結局、
頼りになりそうな野党がいないので、
自民党なんですね。

アメリカのトランプ大統領も、
ロシア疑惑などで、
問題ですが、
日本も滅茶苦茶ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です